ヘアカットに対する10のこだわり

ラティールのヘアカットは、お客様に少しでも満足して頂けるように、こだわりが沢山あります。

  1. まず初めに希望のスタイルの細かい所まで聞く

    希望スタイルの細かい部分を含め、なぜそのスタイルにされるのかを聞いて把握する事で、お客様のイメージにより近付ける事ができます。

  2. ライフスタイルを考慮する

    ラティールでは、毎回同じカットをする事はあまりありません。
    なぜなら、お客様を取り巻く環境はいつも変化しているからです。
    その変化をキャッチしてスタイルに反映させていきます。

  3. 一緒にヘアスタイルを考え、作っていく

    「自分でスタイルが決めれない」「自分に似合う髪型がわからない」という方、安心してください!一緒に考えますよ♪

  4. 普段しているセットの仕方を考慮する

    セットがなるべく楽になるようにカットします。例えば、いつも前髪を上げる男性の場合、前髪の長さを短くすること以外に「根梳き」といって根元に短い毛を作ることで簡単に前髪を上げることが出来ます。

  5. 毛量、骨格(頭と顔)、クセ、生え癖を考慮する

    なりたいヘアスタイルを叶えようとする時、大事なのが素材を見極める事です。
    (毛量、骨格、クセ、生え癖)を考慮する事で、その方に合ったスタイルに仕上げる事が出来ます。

  6. 毛先の質感やベースカットを丁寧に行う

    例えば毛先にナチュラル感や動きを出したい場合は、ハサミを縦や斜めにいれます。逆に重さやラインを出したい場合はハサミを横にいれます。
    そして一番大事にしているのはベースカットです。
    ベースカットできちんとフォルムを作る事で簡単にセットできたり、スタイルの寿命も飛躍的に長くなります。

  7. 乾いた状態でカットする(ドライカット)

    余計なクセを取るために濡らしてカットする事もありますが、基本的には乾いた状態で納まりを見ながらカットをします。
     なぜなら、濡れた状態でカットすると乾かした後に毛量や長さの誤差が生まれ易いからです。

  8. セニングとスライジングで毛量調整、毛束間、動き、フォルム調整を行う

    セニングで毛量梳くといっても、やみくもに梳いてはフォルムが崩れることもあります。なのでスタイルやお客様の毛量を考慮しながら梳いていきます。
    そして、大胆な動きが欲しい部分には「スライジング」という技法で毛束の側面を削り、狙い通りの動きを表現します。

  9. 触って確かめてもらう

    仕上がりは鏡を見て頂くだけでなく、実際に触れて確かめて頂きます。
    そうする事でお客様自身が、毛量や長さなどを把握し易くなるからです。

    お客様には、100パーセント納得して帰って頂く事を目指しております。

  10. 毎回、カルテにスタイルを記入する

    スタイルはカルテに細かく記入し、残していきます。
    そうする事で気に入ったカットの再現を可能とし、理想の髪型をお客様と共に追求できるからです。通うたびに綺麗になったり、カッコよくなって頂ける事を理想に考えています。


     

    最後に、カットで一番大事なことは、お客さんに喜んで頂けるよう最善を尽くす事だと思っております。この気持ちは誰にも負けないと自負しております!

 

 

 

 

 

 

Facebook Comments