良いシャンプーの選び方

良いシャンプーは内容成分を分析することで正しく選ぶことができます。

まず化粧品(シャンプーを含める)の成分表は一番多く含まれている成分が左上に表記され、一番含まれていない成分が右下に表記されており、多いもの~少ないもの順番に並んでいます。※薬用(医薬部外品)の場合は異なります。

このルールを踏まえて下記をチェックします。

・洗浄成分

※一番大事なポイントです。適度な洗浄力があるものを選ぶ必要があります。
最近はメーカーが適度な洗浄力にするために、数種類の洗浄成分が混ざっている物が多くなっています。

ラウリル硫酸Na ラウレス硫酸Na
合成界面活性剤とも言いますが洗浄力が強過ぎる為、一番シャンプーではダメなやつです
髪も頭皮も傷んでしまい、長年使うと薄毛の原因になるとも言われています。

脱脂力が強いため髪がバシバシになり、それをごまかすためにシリコンが一緒に入っている事がほとんどです。

原料は石油からできており、安価で安いため市販品の手ごろなシャンプーやキッチン用洗剤に使われております。

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na
原料は石油ではありませんが、合成界面活性剤と同等の洗浄力があるため単品だとおすすめではありませんが、洗浄力の弱い界面活性剤が一緒に入っている場合は大丈夫だと思います。

ココアンホ酢酸Na

ベビーシャンプーによく使われる低刺激性の界面活性剤です。洗浄力が弱いため基本的には成人向きではありませんが、洗浄力を調整するために他の界面活性剤と一緒に使われている場合があります。


おすすめはアミノ酸系(グルタミン酸系、アラニン系、グリシン系)

もしくは酸性石鹸系(ラウレス酢酸Na)

ほかにも色々あります。


・コンディショニング剤

シリコン類(シリコン、ジメチコン、シリコーン、アモジメチコン等)が入っていないモノを選びましょう。(シリコン自体は無害で髪を手触りをUPするがシャンプーに入っていると汚れが残りやすくなってしまう

シリコンが入っていないシャンプーはパサつくものが多いと言われていますが、それは洗浄力が強い界面活性剤が使われている為です。

髪のダメージが気になる方は髪の補修成分である(加水分解ケラチン、加水分解コラーゲン、加水分解シルク)が入っていると◎。

カラーやパーマをされる方には、薬液除去、トリートメント効果を助けるヘマチンが入っていると◎。

・価格

基本的には内容成分とシャンプーの価格は比例する傾向ですが、中には高い値段の割に内容成分が伴っていない場合もあるので注意が必要です。

・香り

好みで選んでOK。バスタイムで癒され女子力UP!!


 

シャンプーの選び方について解説をさせて頂きましたが、ヘアケアをしっかりしようと思うと、シャンプーの正しい方法を理解する必要があります。
頑張って正しいヘアケアを習得し大切な髪を守っていきましょう!!

Facebook Comments